再生可能なトナー

印刷をする時に利用するのがトナーですが、できるだけ経営コストを抑えておきたいのであればリサイクルトナーを活用するのが良いでしょう。トナーカートリッジの中でもかなり低価格なのが魅力です。

Read more

印字に注意

リサイクルトナーは印字のトラブルが多いと言われていますが、元々は正規品のケースを利用したものなので、使用していくうえで大きな問題はありません。注意点さえ抑えておけばお得に利用できるトナーなのです。

Read more

トナーの選び方について

プリンターの互換インクカートリッジを激安で購入する方法を紹介していますよ。徹底比較しているので参考にしましょう。

プリンターの目詰まりを解決する方法を大量に紹介しています。初めての人でも分かりやすく説明しているので、とても便利ですね、即問題解決できます。

okiのコピー機(複合機)に対応しているトナーは、純正トナーと非純正トナー(汎用、リユース、リサイクル、互換、再生)に分けることが出来ます。 安定した印刷品質を求めるのであれば、okiの純正トナーを使うのが望ましいのですが、コストを抑えたいのならば、okiの互換トナーなどを利用するのが効果的です。 互換トナーとは、okiの純正トナーのカートリッジのインクを入れ直して販売しているもので、純正トナーよりも格安で手に入れることができます。 平均的な価格としては、純正トナーの場合は4千円前後ですが、互換トナーの場合には2千円程度と、約半値で購入することが出来ます。 もちろん、印刷などの品質には違いが出るので、用途に合わせて使用するようにしましょう。

okiのプリンタは、家庭用というよりむしろ、オフィスや事業所、工場などで業務用として使用されていることが多い製品です。業務用のプリンタは、家庭用のプリンタよりも、印刷スピードと印刷のクオリティの両面において、高いレベルが求められます。okiの製品は、この厳しい要求に軽々と応えてくれる圧倒的なパフォーマンスが売り物です。 さて、okiのプリンタにも互換性があるトナーは、純正品と同等の品質を保ちながら、お値段は約3分の1というのが相場になっています。 okiの純正トナーは、フルカラー対応のもので5万円から10万円はしますが、互換商品は2万円台から入手することができます。互換商品を使っても、メーカーからのサポート等には全く影響はありません。互換性のある商品は、全国で使用されており、品質の確かさにも定評があります。

企業において必要な機械は、コピー機以外にも、IP無線機などがあります。それらはレンタルサービスを利用して手に入れることもできますし、中古で購入することもできます。オフィスにおいて必要なものは、全て新品で購入する必要は無いのです。レンタルや中古でも良い品は多くありますし、安く手にいれることができると考えれば、コスト削減に繋げることもできます。

okiのリサイクルは非純正の可能性が非常に高いです。賢くトナーを選ぶためにも詳しくはこちらを参考にしましょう。

複合機なら中古のリースやレンタルでかかる料金を複数の販売者から見積もりを一括で行うことができるこちらを参考にしましょう。