再生可能なトナー

リサイクルトナーのデメリットを理解して、有効活用しよう

リサイクルトナーをご存じでしょうか?使用済みのトナーカートリッジを回収して、修理、再生をして再びトナーカートリッジとして使えるようにしたものです。 リサイクルトナーには、メリットとデメリットの両方をあわせ持っています。特にデメリットに関しては、純正品に対して不良品の割合が高いということです。そのため、リサイクルトナーを使うときには常に替えのものを用意しておく必要が出てきます。 ただし、デメリットだけというわけではありません。リサイクル品なので、純正品と比べてかなり安く手に入るのです。 オフィスなどで大量にトナーカートリッジを使う場合には、デメリットを理解した上で、コストが抑えられつつ省資源にもなるリサイクルトナーを使うといいかもしれません。

リサイクルトナーの特徴について知ろう

トナーを新品で購入すると、結構な値段がします。しかも会社で使うコピー機の量に応じてトナーを揃えないといけないのでかなりの費用が掛かるのです。 そこでこのような時リサイクルトナーを購入すると予算の削減ができます。このリサイクルトナーは、新品で購入するよりも非常に安く購入でき、その販売価格は定価の90%以上で買えるのです。 しかしリサイクルトナーにはデメリットがあります。そのデメリットとは不良品があるということであり、この不良品を購入してしまうとうまく動作しません。このようなデメリットを踏まえたうえで、リサイクルトナーを購入するといいでしょう。 リサイクルトナーはこのようなデメリットもありますが、それ以上に販売価格に魅力があるといえます。