印字に注意

リサイクルトナーにおけるトラブル

いわゆるリサイクルトナーにおけるトラブルとして多いのは、印刷による印字が出ないことがあるという点です。これは、リサイクルトナーの場合、相応に起こりうる確率が高く、もしリサイクルトナー交換後にこうしたトラブルが起きた場合には、業者に対応を依頼する必要が生じます。 リサイクルトナーのトラブルでは、印字が薄いということもありますが、むしろこのトラブルは何回も印刷をかけていく中で解消される場合もあり、根気強く印刷をしていくことがユーザー側に求められます。 それでも印字がなかなか出ない場合には、そもそもその印刷機自体の部品等の故障の可能性もあることから、交換等における専門の業者に依頼することで解決を図ることになります。

リサイクルトナー

リサイクルトナーは正規品のケースを再利用したトナーですので、いわゆる中古品になります。 エコにやさしいので、近年需要が高まっています。価格も安いのでヘビーユーザーには助かる商品です。 リサイクルトナーはトラブルが心配で使いたくない、と思う人がいるかもしれませんが、リサイクルトナーの使用で深刻なトラブルが発生したケースは見られません。ある程度の信頼性が無ければ、市場で受け入れられないからです。 販売者は品質に特に注意しているので、過剰にトラブルの心配をするのは不要です。正規品でもトラブルは発生しますが、その頻度は極めて低く、リサイクルトナーについても同様です。 リサイクルトナーを試してみてから、継続利用の可否を判断することをオススメします。